花織のバラ栽培ブログ

ベランダでバラを育てるロザリアンのブログ

バラ栽培:秋のフランシスデュブリュイ

お久しぶりです。 ラフランスの一番花がボーリングしてしまい花姿を見ることが出来ませんでした。 フランシスデュブリュイは小さいながら開花してくれたので数日楽しめました♡ 蕾でそろそろだなって思っていたら一気に開花してしまい。 雌しべ(?)が見えな…

バラ栽培:フランシスデュブリュイとラフランス

ブルームーンの一番花と二番花が終わってしまいましたが、 少し遅れてフランシスデュブリュイとラフランスがもうすぐ開花しそうです。 漆黒の赤が美しい黒バラ! 今年お迎えした新苗のフランシスデュブリュイ。 1年目の花は蕾を摘んでしまうべきなのだろうけ…

バラ栽培・秋バラ第一号ブルームーン

ついに!ついに!! とても手のかけていたブルームーンの蕾が一つ咲きました。 太陽の光を浴びていると可愛いピンクに見えますが、実際は薄紫です。 この日をどんなに待ち望んでいたことか!!! 秋は小ぶりらしいけれど、夏しか見たことない私からすれば秋…

バラ栽培・日が暮れるのが早い

日が暮れるのが早くて写真取れません。。。 ちゃんと水遣りはしていますよ! この前の台風で葉がボロボロでとっても悲しい。 せっかく綺麗に成長してきてたし、新芽も出て来ていたのに。 でもブルームーンに一つ蕾が出来たのです。 秋だから本当に少しずつ少…

バラ栽培・秋に向けて成長中

余計な物も写っちゃってますがバラたちです。 一番奥からラフランス、ブルームーン、アダムメッセリッヒ、フランシスデュブリュイです♡

バラ栽培・バラが増えました

わああああ。 ブログ更新止まってました。 実はバラ鉢を横に倒して二日後にブルームーンの新芽の枝が黒点病にかかってしまい、すぐ元に戻しました。 結局、購入したお店へバラ苗を買いに伺った時に写真を見せて剪定のアドバイスを求めたところ、丸坊主になっ…

バラ栽培・夏剪定と頂芽優勢対策

今日もブルームーンでお届けです♡ 夏剪定をする以前の問題・・・ そもそも下の方の葉が全て枯れて落としてしまったので夏剪定したら光合成が出来なくなり花をつけられない。 こういう時はどうしたらいいのでしょうか調べてみると、無理して剪定しなくていい…

ハダニチェックとシュートの様子

水遣りのお陰でハダニが蜘蛛の巣を張ったように...までは防げていますが、油断するとすぐ葉の裏に存在を確認できます。 ブルームーンにハダニはいなかったのに、どうやらラフランスが連れてきたようです。癌腫といい、本当に花ひろばさんには管理をきちんと…

いけばなとローズポンパドゥールとガートルードジェキル

いけばなのお稽古を始めたおかげで今のバラライフがありますが、バラを素敵に豪華にいけるのが最近の夢です♡ これからはなるべく作品を公開して切磋琢磨していきたいと思います。 今日はアブラドウダンと菊を籠で投入れしました! 籠だと趣があって下手さが…

バラ栽培・次に欲しいバラ

購入当初のラ・フランス。 1回だけ我慢できず花を咲かせてしまいました。初夏なので花もだいぶ小ぶりです。 現在、ブルームーンとラフランスを育てていますが、もうすでに新しいバラが欲しくなっています...♡ まだ春と秋を迎えてないのにもう新しいバラが欲…

バラ栽培・土や肥料や予防スプレー

今日も天気がとっても良かったです♪ 暑さも少しずつ落ち着いてきているので、鉢もちょっとずつ日陰から日向へ。 新芽が芽吹くとたった1日でも枝が伸びるのが早くて、毎日じぃっと見てても全く飽きないくらい嬉しい・楽しいです♡ ただし、日向に当てるとすぐ…

バラ栽培・フラワースタンド

フラワースタンドなるものがあることを知る。 スタンドを使うことで、直置きの熱のこもりもなくなるし、虫が下面の穴から入るのを防げるし、高さが出て風通しもよくなり、光合成もバッチリで良いことづくめ。

バラ栽培のきっかけになったラ・フランス

バラ栽培のきっかけになったラ・フランスバラって綺麗だなとふとネットサーフィンをしていると、バラの種類がとても多いことに気づく。

1年目夏のブルームーン

購入当時と今のブルームーンの比較♪

バラのために定時ダッシュ!!

購入当時のブルームーンのご紹介 まだ葉っぱが茂っていて元気いっぱい♪

バラ初心者のバラ栽培

バラを育てたいと思い始めてから1年。 ついに、ベランダ栽培ではありますがバラをお迎えしました!! (実際には3ヶ月前のことです) 当初はラ・フランスの歴史、美しさ、色、匂い...に惹かれて 最初に育てるなら 絶対に ラ・フランス!! と思っていたの…